ザ チャトワル ラグジュアリー ホテル

 チャットワルホテルは、ニューヨークを代表する高級ホテルの一つです。ニューヨークでは唯一、マリオットの高級ホテルの一形態である、Luxury Collectionというブランドの一員になっているホテルで、このLuxury Collectionというカテゴリーはちょうどリッツカールトンとエディションの間に位置するクラスとなりますのでかなり高級な部類に入ります。ニューヨークの中心であるタイムズスクエアエリアのホテルでは最も高級なホテルです。

 チャットワルホテルは、1905年に建設されました。設計士は、ニューヨークの建築史では最も有名な巨匠、スタンフォード・ホワイト。マッキム・ミード・アンド・ホワイト(McKim, Mead & White)という19世紀後半から20世紀前半にかけてニューヨークの街を作ってきた建築設計事務所の共同創業者です。当時は世界最大の建築設計事務所で、現在ニューヨークでギリシャ神殿のような古典的で重厚な石造りの建物を見かけたら、その殆どがこの設計事務所によるものです。現パレスホテルの玄関口となっているVillard House(ヴィラード邸)や、ニューヨーク市立図書館、ニューヨーク市役所、ブルックリン美術館といった建築物などは同事務所設計の建築物として有名です。そしてその全てがニューヨーク市の歴史的建造物(ランドマーク)に指定されております。この建築様式は、ボザール様式と呼ばれ、20世紀初頭のアメリカの繁栄期に流行した建築様式です。同じホテルでいえば、セントレジスや、ペニンシュラ、プラザホテルなどが同じボザール様式の建築物となります。ちなみに、ボザール様式は1920年代後半に台頭してきたアールデコ様式に移り替えられます。

さて、この建物はタイムズスクエアに位置することもあり、アメリカン・シアター・クラブという社交場としての役割を担っておりました。1974年にはニューヨークのランドマーク(歴史的建造物)に指定され、2010年にはこちらも有名なデザイナー、ティアリー・デュポン(Thierry Desont)がリニューアルのデザインをしております。このデザイン事務所は、レジデンシャルや、高級ホテル、高級ブティックのインテリアをデザインすることで有名です。有名なところでは、カーライルホテルのスイートルーム、ハリー・ウィンストンやショパールのインテリア、自由の女神の台座内の空間をデザインしています。普通の高級ホテルや高級ブティックのワンランク上のラグジュアリーな空間ばかりです。ホテルのロゴやロビーの真っ赤なソファーなど基調カラーはゴージャスな赤です。さて、2010年にリノベーションが終わりオープンしたのがこのチャットウォルホテルです。チャットワルと表記されていますが、実際はチャトウォルという発音が正しいようです。このホテル名は同ホテルのオーナーの名前にちなんでいます。

立地はタイムズスクエア寄りの6番街と7番街の間です。先に申し上げましたが、タイムズスクエア地域ではこのホテルが最も高級なホテルとなります。このホテルにはコンシェルジェとセールスとして日本人が2名いらっしゃいます(2020年時点)。何か言葉で困ったことがありましたら、フロントでジャパニーズ、プリーズと申し出て頂ければ日本人スタッフが対応してくれると思います。また、TVジャパンもテレビで見ることができ、トイレにはウォシュレットが付いています。この他に、ニューヨークでウォシュレットが付いているホテルは、パークハイアットとキタノホテルのみです(2020年時点)。

 お部屋は、スーペリアクイーン、デラックス、ジュニアスイート、スイートと様々なクラスがあります。普通のお部屋も小さいですが、アールデコ様式を上手く用いた落ち着ける内装です。家具や寝具類に至るまでイタリアのデザイナーズブランドで統一されたようなインテリアです。特に、バスルームは清潔感があり黒い大理石に囲まれておりゴージャスです。お部屋のクローゼットは、ルイ・ヴィトンによるデザインで、ヴィトンの革製品のような生地でクローゼットが覆われており、とても洗練された印象をうけます。デラックスキング・テラスのお部屋だとテラスがついており、喫煙者用の灰皿も置かれております。お部屋によりバスタブがありません。スーペリアルームにはバスタブがなく、バスタブがあるお部屋は、デラックスのカテゴリーのお部屋となります。部屋数が限られておりますので、事前にリクエストを出しておく必要があります(グランドデラックスキング1室、デラックスキング6室、デラックスキングテラス2室、デラックスダブル5室)。

 アメニティーは、地下のマインド・スパがあり、宿泊者は無料でスチームシャワー室を使えます。また、同じ地下にはフィットネスジムと温水プール(流水タイプ)もあります。一階には高級レストラン、ラムズ・クラブがあります。こちらはミュージカル関係者や劇場関係者の社交場のようなレストランで、1800年代のフランスのお城(シャトー)から持ってきた暖炉を使用しているのですが、これがとても味があっていい雰囲気を作り出しています。また、2階にはメザニンラウンジがあり、深夜まで営業しております。こちらのラウンジも劇場関係者が多く集まり、ゴールドラッシュと呼ばれる赤いカクテルが人気です。

 また、ニューヨークの高級ホテルでは一般的となっているホテル所有のカーサービスもあります。こちらではメルセデスのEクラスを火曜日から土曜日まで利用できます。利用時間は2PMから10PMまでです。ミッドタウン内でしたらお送り頂けます。

個人的な意見

 チャトワルホテルは、モダンで洗練された内装のホテルです。ホテルの建物はランドマークに指定されているように重厚で趣さえあります。とても小さいホテルですから、ホテルというよりもニューヨークの豪邸に住んでいるようなタイプのホテルです。特に歓楽街のタイムズスクエアには、セントレジスやリッツカールトンクラスの最高級ホテルがありませんから、このクラスのホテルをタイムズスクエア周辺で探される方にとりましてはチャットウォルホテルがベストな選択といえます。

部屋数:76室(29室のスイートルーム、14室のテラスルーム)
スタイル:クラシックラグジャリー、エレガント、グラマー
雰囲気:40代~ / 気品のある方 / セレブ

同じタイプのホテル

近くにあるホテル